タンザニア、家畜のいる暮らし

  • 0

タンザニア、家畜のいる暮らし

青年海外協力隊でタンザニアで数学を教えている友人から、Facebookで思いがけず現地での家畜との暮らしを聞くことができた。

友人が教鞭をとる映画の一場面のような教室

人々の日常の暮らしの中に家畜がいるという畜産の原風景のような状況を、現在も目の当たりに生活しているのがとても貴重に思えた。

Slow Meat ではプロが農場で家畜を飼育することが話の中心になるから、Slow Meat以上にSlowだ。

海辺の子供は、ウツボのような魚も自分で捕まえて食べるのだとか。やっぱり映画の中の一場面みたい。

「動物の肉も工場から出てくるのが日本だもんねぇ。。。こちらも鶏肉はそうだけど。でも他の牛や豚、ヤギはちがうなぁ。お肉屋さんで肉が吊り下げられてて、欲しい量だけ買う。

こちらの工場産鶏肉ですら、日本の鶏肉とは違って美味しい(肉が引き締まってる)よ。地鶏はなおさら。むしろ硬いくらい-w

家の周りは家畜のお散歩コースだからよくヤギやヒツジが通ってる。そういうの見ると、動物頂いてるなぁ、っていつも思うし、残さず食べなきゃって思う。

屠殺することもあるし、鳥も内臓取ってあるのを1羽買って自分で解体するから、鶏ガラも取って、ガラは全部猫に食べてもらって(こっちの猫は骨もたべる-w ちなみに犬も-w)、ゴミが一切でない。生ゴミはヤギやそのへんのニワトリが食べてくれるからそのへんに捨てても問題ない-wなんかサイクルがちゃんとあるから理にかなった環境だよなーっていつも思う。

日本ももっと、家畜や農業が身近に、生活に入り込んだものになると(時間の巻き戻し)少しは変わると思うんだけどなぁ。」

牛による渋滞

◆ 一般の家で屠殺することもあるの?

一般家庭でも鳥くらいは屠殺しますよ。でもお祝いのときくらいですかね。豪華なおうちはクリスマスにヤギの丸焼きとか。結婚式はヤギの丸焼きが顔つきで出てきます。なんなら口に草を挟まれて出てきます。

私達隊員も、鳥類、ヤギくらいなら自分たちで屠殺できます。1人でやれと言われると、鳥くらいなら多分できると思います。内臓取り出すのがちょっと失敗したらどうしようって不安ですね。。でも手順はもうわかるので多分できます。

流石に豚や牛レベルの大きなものはやったことありません。豚はやってみたいなぁ、と思いつつ、例え子豚でも1頭屠殺してしまうと大量の肉が出てくるので消費できなそうで実施できてません。お隣の国の隊員は飼ってた豚を帰国前に屠殺した時、30人くらい集まって食べて、それでもまだ余ったと聞きました。でも屠殺仕立てのお肉はすごくジューシーで美味しいです。


こちらの人達は動物は人のために死ぬものだと捉えていて、動物に対してカワイイ、というペットへの感情はありません。おいしくなるように、毎日草を食べさせるツアーに出かけたり、水を与えたりします。全ては自分たちの食事のため。

日本はなんでしょうね。食べるくせになんで可哀想とか偽善ぶるんだろう。可哀想なら食べなきゃいい。屠殺できないなら食べなきゃいいのに。そう思います。」

写真はFacebookの投稿からお借りしました。
文責の一切は池嶋にあります。


  • 0

Slow Meatのテーマソング?! “Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O!!”

“Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O!!”

マクドナルド爺さんの畑には、鶏やアヒルや牛や七面鳥などいろんな家畜がいしまたとさ。

鶏はチックチック、アヒルはクァッククァック、牛はムームー、七面鳥はガブルガブルとあっちでもこっちでも鳴いて、まぁ騒がしい。

♪イーアィ、イーアィ、オー♪というリズムが楽しくて、子供も大好きな童謡だ。昔の欧米の人たちには、ありふれた農村風景だったのだろう。

Slow FoodがSlow Meatとして推奨するアニマルウェルフェアに配慮した小規模生産の畜産とは、こんな農場を原風景にしているのではないだろうか。

霊長類学者のジェーン・グドールさんも、幼少期にマクドナルド爺さんの畑のような光景に接して育った一人だ。「ジェーン・グドールの健やかな食卓」に記している。

「子供のころケント州の祖母の農場に泊まりに行くとき、私はいつも心が躍った。とてもたくさんの種類の動物が農場や庭にいたからだ。草を食んでいる牛や、横になっている牛、それに反芻している牛。二〜三頭の馬車馬が木陰に立っていた。馬たちの大部分の仕事が後にトラクターに取って代わられたれども、その当時はまだ馬車が農場のまわりで使われていた。広々とした豚小屋には子豚が何匹もいたし、野原を歩き回っている豚もいた。雌鶏と雄鶏は地面を引っ掻き、コッコッと鳴いて、農家の庭でぶつぶつ言っている。黄色いふわふわしたひよこはせわしなく地面をつつき、そばで母鳥が鳴いている。カモ池にはカモがいた。私にはちょっと怖かったけれども、ガチョウの小さな群れもいた。」


こんな時代には、アニマル・ウェルフェア (家畜福祉/Farm Animal Welfare) という言葉は必要なかった。それがいつから言われるようになったのだろう。アニマル・ウェルフェアやSlow Meatを考えるにあたって、ジェーン・グドールさんの著作は僕にとってはバイブル。どこを引用しようかと悩んだけれど、結局どこも省略できずに「第5章 動物工場ーみじめな農場」をほぼ全て引用して紹介したい。

「農家はいろいろな種類の動物を飼っていた。その理由のひとつは、牛や豚や鶏など、いろいろな動物を飼育することが農場の繁栄に役立つすぐれた仕組みであることを知っていたからだ。牛の小さな群れはハーブや、クローバーや、ベータカロテンや、そのほかの栄養でいっぱいの牧草地で放牧された。

数ヶ月たつと、牛は別の牧草地に移されて、今度は豚をそこに連れてきた。豚は雑食性だ。豚は強力な鼻で、(鼻輪がつけられていない限り)土を掘り返すことができ、ありとあらゆる栄養価の高い根や昆虫をみつけることができる。豚の消化器官は強い酸性に保たれていて、「行き止まり宿主」として知られるとおり、食べ物に寄生虫やバクテリアがいてもすべてやっつけてしまう。このため豚は牛糞からさえも栄養価を吸収するのだ。さらに豚は土を食べて、さまざまな免疫を活性化させるミネラル類を取り込む。

豚が放牧されていた野原は、家禽類にとってうってつけの狩場になる。鳥たちは豚がかき混ぜた土地でいろいろな昆虫をついばみ、それと同時に鳥たちの糞は高硝酸塩の肥料となる。このようにして次に牛を放牧するときには、その野原は青々とした健康な芝で覆われている。かつての農業のシステムは実際、かなり自然のまねをしていた。

…自然の生態系はすべてどんな農園よりも豊かで多様なのだ。ひとつには農場では、本来肉食動物に捕食されることによって個体数が抑制される動物が増えすぎる傾向があるので、何らかの手を打つことがある。ほとんどの農家は、オオカミやコヨーテやキツネや猛禽類などの肉食動物と絶えず戦っている。このため肉食動物の獲物となる動物が劇的に増加してしまう。ウサギや、シカや、齧歯類や、鳥類は大喜びで農産物を食べてしまうので、農家はそれらの数を低く抑えなければならない。こうして捕獲される動物の多くは、ウサギのパイやシカ肉を好む地元の人たちによって消費された。

しかし一九七〇年代、私は農業の世界のすべてが変わったことを思いがけず発見した。だれかがオーストラリアの哲学者ピーター・シンガーの本を私にくれた。「動物の解放」を読んで、「工場方式の飼育施設」の恐ろしさを初めて思い知ったのだった。それは食肉をますます安く大量に生産するための施設だった。

それ以来、私は世界中のたくさんの家畜の苦しみについてさらに学んだ。このような苦痛の根源は明らかに、家畜たちは痛みや恐れで苦しむ能力がある生き物なのに、ものとして扱われていることにある。家畜たちは満足することも、喜ぶことも、絶望することも知っている。

家畜たちは確かに、本来の習性を可能な限りのびのびと発揮できる環境で生きる権利をも持つに値する生き物なのだ。豚は地面を掘り、子豚はお互いを追いかけ、興奮してキーキー鳴いて遊ぶべきだ。牛は子牛が朝日の中で飛び跳ねている間、緑の草を食べなければならない。あらゆる種類の家禽は地面を引っ掻き、つつき、羽を広げることができるべきだ。そしてすべての家畜はわらの寝床で休むのが当然なのだ。

工場型の生産方式の事業モデルでは、動物を感覚のある生き物として扱うことが効率的であるとか、利益をもたらすとは考えられていない。そうではなく、動物たちは飼料を肉やミルクや卵に変換する機械だとみなされている。家畜はまるで自動販売機と同じように感情も権利もないとみなされているのだ。」

Old Macdonald


  • 0

AWFCのサイトからリンクを貼ってもらいました!

AWFC Japan(アニマルウェルフェアフードコミュニティ ジャパン)のサイトに、第1号でEat Naturalのリンクを貼って頂きました!^ ^

サイトは、北海道十勝で放牧「どろぶた」を飼育する株式会社マノスさんが運営されています。

http://awfc-japan.net/


  • 0

健康な食生活のため、健康な畜産動物の生産を支えよう!

いよいよアニマル ウェルフェア フード コミュニティの準会員募集が始まりました。

ヒトが健康な食生活を送るためには欠かせない、健康な畜産動物の飼育について、希少な情報源となります。

ご興味ある方はぜひ登録してみてはいかがでしょう?ありがたいことに、登録料は無料です。

 

image image


  • 0

アニマルウェルフェアフードコミュニティジャパン(AWFC JAPAN)の設立記念シンポジュームに参加して

5月28日に、アニマルウェルフェアフードコミュニティジャパン(AWFC JAPAN)の設立記念シンポジュームに参加してきました。

AWFC-1

家畜先進国の欧米に比べて、日本ではアニマルウェルフェアについては、制度も意識もまだまだ出遅れていると言われます。

しかし会場では、松木洋一先生等研究者をはじめ、アニマルウェルフェアを実践されている数々の生産者のお話を聞くことができ、日本にも確かな動きがあることが実感されました。

松木先生によると、自然との共生を考える日本ならではのアニマルウェルフェアを構築されている人もいるし、欧米をも超える実践者もいるという頼もしいお話もありました。

AWFC-2

アニマルウェルフェアは、道徳や倫理の問題だけでなく、食べる人の健康に大きく影響を与えるものです。Eat Naturalにとっては、Eat Natural, Be Healthy!!というコンセプトを支える基盤ともなる考えであり、生産方法です。Eat Naturalでも微力ながら貢献したいという思いを強くしました。

AWFC-3
AWFC-4
AWFC-5


Seo wordpress plugin by www.seowizard.org.