②山梨の有機JAS卵「黒富士農場」を訪ねる

  • 0

②山梨の有機JAS卵「黒富士農場」を訪ねる

②黒富士農場 (有機JAS卵)
AWFC企画: 山梨の「ぶぅふぅうぅ農園」と「黒富士農場」を訪ねる 2017年4月4日

農場見学というよりバカンスに来たような美しい景色

標高1,100mに位置するという黒富士農場は、山梨の3,000m級の山々を見渡す美しい場所にあった。下から車で登ってくると、気温が低くなる。黒富士さんは、2007年に日本で最初に有機JAS認証を得た卵の農場だ。現在も有機JAS卵の生産者は3箇所だけにとどまるという。

暖炉のあるログハウス。いっそ泊まりたい。

見晴らしのいいログハウスで、コーヒーや黒富士農場の卵を使ったバームクーヘンを頂きながら、向山一輝専務取締役からお話を伺う。

鳥インフルエンザの感染予防のため、今回は鳥と接することはできなかった。4月の下旬頃以降は、放牧地などで鳥に触ることもできるという。

広々と開放的で子供もテンションアップ。左に見えるのが鶏舎。

18棟の鶏舎のうち、オーガニックが3棟、放牧場付き平飼いが12棟、ケージが3棟。オーガニックと放牧の違いは、餌だけ。ケージ飼いは、鳥が羽ばたいたりするスペースもないので、アニマルウェルフェアとしてはどうかと思うが、取引先や顧客ニーズに応じて一部生産している。全て平飼い以上にしたい意向もあるが、すぐにできるわけではない。

生後70日程度の雛を購入して、放牧場に移す。600日から650日飼育し、その間採卵する。

ネストに産み落とされた卵は、鶏舎をつなぐラインで自動的に運ばれる。

鶏舎の中には、ネストという網状のものがあり、その中に卵を生むように鶏にしつける。ネストに産み落とされた卵は、そのまま自動的に回収され、鶏舎の脇にあるラインを伝って、パッケージをする部屋まで運ばれてくる。

鶏舎から運ばれてくる卵が、中央ステンレスの洗浄機を通る。

運ばれてきた卵は、まず洗浄機で洗って土や糞などを洗い流す。無洗卵を指定する業者の分は、この工程ははずす。卵には、薄い膜があって鮮度が保持されるので、無洗卵が望まれることもある。ただ、これはケージ卵のみで、放牧では土や糞などが付くので全て洗いながす。

次に、卵の検品装置にかける。いわばレントゲンのようなもので、殻の状態や卵の中身の状態まで割らずしてチェックできる。目には見えない殻のひびや、黄身が白すぎるもの、古くなって黄身の弾力がなくなっているものなどを仕分ける。グレードに応じて、加工用に回す。この装置を導入してから、正規の製品から外れる卵の量が増えた。しかし、取引先との信頼のため欠かせない工程だという。

人の目と機械で検品し、大きさごとにパック詰めされる。

その後、大きさごとにパック詰される。卵の大きさは、鳥の大きさ、つまり年齢に比例するそうだ。

デビークといって、嘴の切除がアニマルウェルフェアで問題になることがある。黒富士農場でも、他の農場でも、デビークをできればしたくない。

けれども、気温の変化によるコールドストレスやヒートストレスなど、様々な要因から、鶏同士のつつきが発生することがある。他の鶏のお尻をつついて、血が出るとさらに興奮し、お尻の穴から内臓を引き出すような残虐なことが起きる。1日で何羽も死ぬことがある。

本当に清々しい環境

農家の庭先で飼うような少数であれば、つつきをする鶏だけを隔離すればよい。しかし、頭数が多いと特定は不可能なので、鶏舎内の鳥を一斉にデビークする。

黒富士農場で取得した美しい土地は、富士山が見えないからたまたま残っていたという。

デビークする割合としては、10分の1から2程度。照明を赤くするなど、つつきを予防する様々な試みをしてきたが、はっきりとした効果は得られていない。デビークを防ぐためにも、今後の研究の成果を待ちたい。

右側のタンクで発酵飼料を作る

黒富士農場では、鶏舎の近くにいてもほとんど臭いを感じない。夏でも変わらないという。その秘密は、堆肥にある。落ち葉などにできる白い糸状菌を、日東紅茶の産業廃棄物の茶殻と鶏糞に混ぜ合わせて長期発酵させる。

白く見えるのが、落ち葉の裏などに付く糸状菌。

できた堆肥を鶏舎にひきつめることで、鳥の糞は糸状菌ですぐに分解される。また茶殻に含まれるカテキンにも消臭効果がある。鶏舎に鶏を入れる時に新しい堆肥を敷き詰め、2年弱鳥を入れ替えるまでそのまま使えるという優れもの。

Viva Kurofuji Farm!!

Viva AWFC!!


Seo wordpress plugin by www.seowizard.org.