ひろしま 佐々木さんのコシヒカリ 天日干しの魅力

thumb_IMG_0083_1024
佐々木さんの田んぼは、広島県中央部、安芸高田市の山間いにあります。太田川水系の豊かな水に恵まれ、昼夜の気温差があるため、コシと甘みのある美味しいコシヒカリができます。

自家用に栽培するため、人と土に優しい循環農業を、親の代からごく当たり前のこととして続けています。

出来上がったお米は、約一週間かけて天日干しします。天日干しは手間がかかるため、現在では乾燥機を使うのが当たり前となっています。けれど、稲作に携わる人は天日干しのお米の美味しさは別格だといいます。
thumb_IMG_0084_1024

<循環農業>
佐々木さんが飼う2頭の牛達は、畑の草や藁を食べて育ちます。その糞からできた堆肥を使うことで、美味しいお米が収穫できます。2015年3月、田植え前の田んぼに茶色く盛り上がっているのが堆肥です。
thumb_IMG_0079_1024

下の写真2枚は2016年5月17日田植え1週間後の田んぼの様子

160517_0811

160517_0811


160517_0816

160517_0816


Seo wordpress plugin by www.seowizard.org.